株式会社アポロ福岡 アポロパソコンスクール 求職者支援訓練 履歴書に書ける資格を取る

「資格はあったほうがいいのでしょうか。」というご質問をよく受けます。
企業側が応募者の書類で最初に目にするのは、履歴書や職務経歴書です。きっと採用担当者は、応募された資料をじっくり目を通されることでしょう。
 もし、同じような学歴、同じような職歴の方が応募されてきた場合、差が付くとしたら資格かもしれません。
 「私はエクセルが得意です。」と口頭で伝えても、一体どのくらいの何が出来るのか、採用担当者には伝わりません。(作成した資料などを同封や持参しているのであれば別ですが)

そういう場合に単刀直入にわかりやすいとすれば、「資格」でしょう。

但し!資格を取ったら終わり、ではありません。その資格の名前に負けない「実践力」は常に磨いておく必要があります。


アポロ福岡は、「香椎駅前テストセンター」を併設しております。センターのスケジュールにもよりますが、お好きなタイミングでご受験いただけます。


3又は4ヶ月も訓練に通うのですから、ここは気合いを入れて!

履歴書に堂々と書いて通用する資格を1つでも2つでも取得されてはいかがでしょう?

 

もちろん資格取得は強制ではありませんので、現在受講されている方々も、状の内容を基本として、希望する方のみ、放課後の居残りをしたり、またはご自宅で勉強され、高得点でMOS試験の合格を達成していらっしゃいます。

 

アポロ福岡アポロパソコンスクールで開講している求職者支援訓練では、「オデッセイコミュニケーションズ」様が主催の、通称MOS(モス)試験勉強を、訓練内容に入れております。

 

正式名称:MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

 

ワード、エクセル、パワーポイント、と、科目別の試験になっております。

また、

ワード、エクセルに関しては

「初級編」のスペシャリスト試験

「上級編」のエキスパート試験(1と2) 

 

まずは初級のスペシャリストからチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

受講された皆様が、確実に合格できるようなご指導を講師陣も気合いを入れて行っております。

 

しかしながら!ご本人様の努力が一番です(^O^)